2015年9月6日日曜日

N6装用レポート

2015年7月N6購入(人工内耳装用歴4年目)


これまでFreedomを装用していた滝が、N6を2ヶ月装用した時点でのレポートです。
N6はNucleus® 6の略で、2014年3月に発売されたコクレア人工内耳サウンドプロセッサです。
2015年7月にN6用ワイヤレスアクセサリも発売されました。

Cochlear Nucleus(R) Freedom
Cochlear Nucleus® Freedom
(2007年発売)
Cochlear Nucleus6
Cochlear Nucleus® 6
(2014年発売)
Cochlear Wireless Accessories
Cochlear™ワイヤレスアクセサリ
(2015年発売)


 1.薄さ 正面から見ると目立たない

サウンドプロセッサが薄くなったことにより、メガネをしていてもフレームとサウンドプロセッサの干渉が少ないため、目立たなくなった。
Freedomだとメガネのフレームにサウンドプロセッサが追い出される感じで収まりが悪く格好も良くなかった。
サウンドプロセッサをメガネのフレームで挟むとすっきりするし、寝転んでも外れなくなった。
幅が1.4cmもあるFreedomにはできない芸当かもしれない。N5以降は0.9cmにスリム化されている。

今のサウンドプロセッサは正直、不格好に見える。特に短髪の方には以下の欠点がある。
・送信コイルが露出するため非常に目立つ
・送信コイルのケーブルが浮くことがあるため、見栄がよくない
・サウンドプロセッサが耳たぶより高い位置にあるため、横から見ると露出する

聞こえることが第一だけど、少しでも目立たなくしたいのが本音。
今後も小型化やサウンドプロセッサの体内埋込もしくは送信コイル(マグネット部分)のワイヤレス化を検討してほしい。
送信コイルのワイヤレス化は技術的、医学的に難しいかもしれない。
サウンドプロセッサをあえて見せることで自分が障害者であることをアピールすることもそれはそれでありだと思う。


 2.ワイヤレス ケーブルの煩わしさから解放
ワイヤレスに対応する前はオーディオ接続ケーブルやヘッドホン等をつけて視聴する必要があったが、
ワイヤレスに対応してから不要になった。
通勤(JR)の時はサウンドプロセッサとオーディオ接続ケーブルを毎回接続して動画や音楽を視聴していたが、
今はワンタッチで切り替えられる。
外出で視聴する人にとってはありがたい機能で、ワイヤレス機能がなければN6を買うこともなかったと思う。


 3.音質 SmartSound® iQ搭載により、プログラムの切替が不要
N6から追加されたSCAN機能は好みの分かれるところ。最初はかなり抵抗があったが今は慣れた。
静かな場所では声が大きく聞こえるが、うるさいところでは声が小さく聞こえ、音質も劣化する。
手動で切り替える場合は自分の意思でやっているのでまだ許せるが、これを自動でやられると辛い。
ただし、会話の継続を第一で考えると実はかなり優秀な出来だと思う。
FreedomとN6の音質に大きな違いはないが、どちらかというとN6は刺激が少なく音が柔らかい。
ただし、音質の感じ方は個人差がある。ちなみにSCAN機能は一番よく使うプログラムになった。


以上、ここまで簡単なレポートでした。

0 件のコメント: