2015年9月14日月曜日

SCANのメリット・デメリット

SmartSound® iQで搭載されたSCAN(聴取環境の自動識別機能)のメリットとデメリットをそれぞれ3点ずつ書いてみました。

まずメリットから

メリット1 プログラム切替不要

プログラムの切替を意識する必要がなくなったのが最大のメリットです。
フリーダムの時は騒音環境下で会話をする場合、聞き取りにくくなるため感度を大幅に下げたり、プログラムをNoise(ノイズ)にする必要がありましたが、SCANプログラムにしてからはSmartSound® iQが自動で調整してくれるため、プログラムや感度・音量の調整は一切しなくなりました。
調整はすべてSmartSound® iQにお任せしています。


メリット2 雑音抑制

メリット1にも書いていますが、プログラムをSCANにしていると何もしなくても自動で雑音を抑制してくれます。例えばジャーと水を流していると会話が聞き取りにくくなっていましたが、会話しやすいレベルまでに雑音を抑制してくれます。
N6から追加になった風切り音抑制機能は車の走行中に窓を開けた状態で会話するときに威力を発揮します。
Freedomの時は窓を閉めないと風切り音に邪魔されて会話ができないことが多かったのですが、今は窓を開けても平気です。
両耳装用の方は片側が風の影響を受けないので問題がない人もいるかもしれませんが、窓を開けながら走行できるのはとても気持ちいいものです。


メリット3 音量自動調整(N6一般)

大きい音は自動で聞きやすい音量に調整してくれるようですので、うるさいと感じることはありません。
聞いててぜんぜん疲れないのでN6は耳に優しいと思います。


ここからがデメリット

デメリット1 電池消耗

電池の消耗がかなり激しいです。プログラムをSCANにしていると1日も持ちません。
スタンダード充電池の場合なんですが、最初、朝7時から装用して夜の21時に切れるというパターンでした。
ただ、N6にしてから2回目のマッピングをしたときにCレベル(最大快適閾値)が10下がったのですが、使用時間がなんと2時間も延びました。何かの間違いですかね。
ST担当先生もおっしゃっていましたが電流量は電池の持ちに結構影響するそうです。


デメリット2 雑音抑制

プログラムをSCANにすると雑音がかなり小さくなります。他のプログラムにもいえることかもしれません。
それはいいのですが、Freedomの時には聞こえていたエアコン等の空調音がN6にしてからかなり静かになり物足りなさを感じました。やっぱり何か音が入っていると安心感があります。
ただし、すべての雑音をカットしているわけではなく、雨が降る音はよく聞こえますので人間に必要な環境音を選別してくれているようです。


デメリット3 音量自動調整(N6一般)

大きい音を自動で聞きやすい音量にしてくれることはメリットにもなるし、デメリットにもなります。
音楽を聴くときは音量の自動調整が邪魔になります。
例えば音が大きくなったかと思うと急に小さくなるので、違和感を感じてしまうんですね。
このため、私はすべての雑音抑制機能をオフにしたプログラムを用意しています。
さらにこのプログラムだとFreedomの聞こえに近いので、SCANでは聞こえなかった雑音も聞こえるようになります。


ここまでSCANのメリットとデメリットを書きましたが、デメリットは従来のプログラムで補うことができるので問題はありません。
あとは電池の持ちが良ければ最高なのですが、こればかりは仕方ないですね。
でも今は23時から0時に電池が切れるようになったので、切れた時点で寝るようにすれば健康的だとプラス思考でいるようにします。

2015年9月6日日曜日

N6装用レポート

2015年7月N6購入(人工内耳装用歴4年目)


これまでFreedomを装用していた滝が、N6を2ヶ月装用した時点でのレポートです。
N6はNucleus® 6の略で、2014年3月に発売されたコクレア人工内耳サウンドプロセッサです。
2015年7月にN6用ワイヤレスアクセサリも発売されました。

Cochlear Nucleus(R) Freedom
Cochlear Nucleus® Freedom
(2007年発売)
Cochlear Nucleus6
Cochlear Nucleus® 6
(2014年発売)
Cochlear Wireless Accessories
Cochlear™ワイヤレスアクセサリ
(2015年発売)


 1.薄さ 正面から見ると目立たない

サウンドプロセッサが薄くなったことにより、メガネをしていてもフレームとサウンドプロセッサの干渉が少ないため、目立たなくなった。
Freedomだとメガネのフレームにサウンドプロセッサが追い出される感じで収まりが悪く格好も良くなかった。
サウンドプロセッサをメガネのフレームで挟むとすっきりするし、寝転んでも外れなくなった。
幅が1.4cmもあるFreedomにはできない芸当かもしれない。N5以降は0.9cmにスリム化されている。

今のサウンドプロセッサは正直、不格好に見える。特に短髪の方には以下の欠点がある。
・送信コイルが露出するため非常に目立つ
・送信コイルのケーブルが浮くことがあるため、見栄がよくない
・サウンドプロセッサが耳たぶより高い位置にあるため、横から見ると露出する

聞こえることが第一だけど、少しでも目立たなくしたいのが本音。
今後も小型化やサウンドプロセッサの体内埋込もしくは送信コイル(マグネット部分)のワイヤレス化を検討してほしい。
送信コイルのワイヤレス化は技術的、医学的に難しいかもしれない。
サウンドプロセッサをあえて見せることで自分が障害者であることをアピールすることもそれはそれでありだと思う。


 2.ワイヤレス ケーブルの煩わしさから解放
ワイヤレスに対応する前はオーディオ接続ケーブルやヘッドホン等をつけて視聴する必要があったが、
ワイヤレスに対応してから不要になった。
通勤(JR)の時はサウンドプロセッサとオーディオ接続ケーブルを毎回接続して動画や音楽を視聴していたが、
今はワンタッチで切り替えられる。
外出で視聴する人にとってはありがたい機能で、ワイヤレス機能がなければN6を買うこともなかったと思う。


 3.音質 SmartSound® iQ搭載により、プログラムの切替が不要
N6から追加されたSCAN機能は好みの分かれるところ。最初はかなり抵抗があったが今は慣れた。
静かな場所では声が大きく聞こえるが、うるさいところでは声が小さく聞こえ、音質も劣化する。
手動で切り替える場合は自分の意思でやっているのでまだ許せるが、これを自動でやられると辛い。
ただし、会話の継続を第一で考えると実はかなり優秀な出来だと思う。
FreedomとN6の音質に大きな違いはないが、どちらかというとN6は刺激が少なく音が柔らかい。
ただし、音質の感じ方は個人差がある。ちなみにSCAN機能は一番よく使うプログラムになった。


以上、ここまで簡単なレポートでした。